2020年6月度のセミナーについてのお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症の情勢を鑑み、
6月度の募集を中止しております。

 

今後のセミナーに関しては詳細が決まり次第、メールマガジンでお知らせいたします。

 

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


食塩相当量を考えてみよう!

みなさま、初めて使う調味料ってどうやって加える量を決めていますか?

薄味も嫌ですし、塩からいのも困りますよね。

ちょっとずつ加えて味を見ながら料理していますか?

チャーハンのように味見が出来る料理は良いですが、後から味を変えられないものは困りますよね。

 

今回は未知の調味料を使う時の方法をご紹介しますね。

 

それは「食塩相当量を考えてみる」です。

私が調理師学校で利用していた教科書によれば、

「料理は食材の0.8〜1.0を目安に塩分を加える」と書いてありました。

調理師学校はお店でプロが作る料理なので、お酒を飲みながら食べておいしい塩分ですよね。

私の場合、それでは少し塩がきつすぎるので、いつも0.7%位を目指して味付けをしています。

 

では、「にんにく岩塩」を使ったチャーハンを0.7%を目指して計算してみましょう!!

 

前回作ったチャーハンの材料はこちら(2人分)

・白飯300g

・枝豆むき身50g(さや付き100gから豆だけを取り出す)

・コーン缶詰50g

・ねぎのみじん切り10cm

・卵1個

S&Bにんにく岩塩小さじ1/2

・サラダ油適量

 

これを見ると、メインの食材2人分でごはん300g+枝豆50g+コーン50gでおよそ400gになります。

400g0.7%は、およそ2.8g

 

だから、加える調味料の食塩相当量が2.8g前後になるようにすれば、私にとってちょうど良い味わいになるのです。

 

次に、食塩相当量2.8gにするには、今回の調味料「にんにく岩塩」をどれくらい加えればいいのか考えます。

 

食品に関する法律も色々変わってきていますから、

現在はパッケージにその商品の食塩相当量が書かれていることが多いです。

今回の「にんにく岩塩」の食塩相当量はこちら。

 

 

この商品10g当たり、食塩相当量は7.1gですね。

 

という事はこの商品を4g加えると、だいたい食塩相当量は2.8gになります!!(←なんという計算しやすい偶然)

 

あとは簡単。

電子量りで4gをはかればOKです。今回は、およそ小さじ1/2が4gに該当しましたので

2人前チャーハンには小さじ1/2の「にんにく岩塩」を加えました。

 

今回のチャーハンは、この他に卵やネギが加わっていますので、割と薄めのシンプルな味わいに仕上がっています。

おかずにしたチキンの味が濃い目だったのでちょうど良かったのですが、

チャーハンだけで召し上がる方は、お好みでもう少々「にんにく岩塩」をプラスすると良いと思います。

 

いかがですか?

毎日の実際の料理にはこんな面倒なこと考えているわけではないですよ。

だいたいいつもは、テキトーに勘で加えています。

でも、初めての調味料でまったく予想がつかないときには、この方法で計算しています。

パッケージって意外と役に立ちます!

 

それから、この商品にはもう一つ注目していただきたい点がありました。

それはこちら。

 

 

「開封後要冷蔵」の文字が見えましたか?

そうです。この商品は開封したら冷蔵庫で保管しないといけないのですね。

ブラックペッパーやシナモンといったスパイスは、日光が当たらず湿度も低い冷暗所で保管していただけば、

「冷蔵庫」に入れる必要はないのですが、この商品は「冷蔵庫」に入れなければならないとの注意書きがありました。

スーパーで購入した時には意識していなかったので、使う時にパッケージを見て初めて気づきました。

パッケージ、大事ですね〜。

 

それではみなさん、

色々な調味料を上手に使って、ご自身の料理を楽しんでみてください!!

 


2020年5月度のセミナーについてのお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症の情勢を鑑み、
4月1日募集開始の5月度の募集を中止いたします。

 

今後のセミナーに関しては詳細が決まり次第、メールマガジンでお知らせいたします。

 

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


春夏新製品を使った「お手軽時短ランチ」を作ってみました!

在宅勤務が続いておりますと、頭を悩ませるのはやはり昼食ですね・・・。

あくまでも勤務日の昼休み時間という扱いですから、

休日のランチや夕食と違って準備や片付けにあまり時間をかけられないですよね。

1時間で作って食べて片付けまでバッチリ終わらせ、しかもちょっと休みたいとなると、

意外と時間が足りないです。(←食べるのが遅いのかな?)

 

時短調理に挑戦するという良い機会だと考え、思いついたのが・・・・・・

「春に出た新製品食べてみようかな〜♪」でした。

そこで、今回は私の「在宅勤務 超・超・簡単ランチ」をご紹介します。

 

●味付けはこれだけ!「にんにく岩塩」を使ったチャーハン作り

春に出た新製品の「にんにく岩塩」。

これ1本でどんな料理も簡単に味付けができますし、

アルペンザルツ岩塩利用でおいしそう。よし!これでチャーハンを作ってみよう!!

 

材料はこちら(2人分)

・白飯300g

・枝豆むき身50g(さや付き100gから豆だけを取り出す)

・コーン缶詰50g

・ねぎのみじん切り10cm

・卵1個

・S&Bにんにく岩塩小さじ1/2

・サラダ油適量

全体をざっと炒めて、「にんにく岩塩」を振りかけて完成です!!

●まぶして焼くだけ!「マスタードチキン」

こちらも春の新製品。SPICE&HERBシーズニングシリーズから、BBQマスタードチキン。

ひと口大に切ったチキンに、シーズニングと大さじ1の水を加えて揉み込み、焼くだけ!

 

材料はこちら

 ・鶏もも肉250g

 ・S&Bシーズニング マスタードチキン1袋

 ・水大さじ1

 ・サラダ油適量

 

(パッケージに書かれた調理法では、油を利用せずに焼くようになっていたのですが、

今回は愛用の鉄製フライパンを利用したため、少々油を使いました。)

 

 

●ブロッコリーのバジル和え

冷凍しておいたブロッコリーを解凍し、「SPICE&HERBシーズニング バジリコ」を少々振りかけて完成。

 

●にんじんサラダ

スライサーでカットしたにんじんに、「マジックソルト」と「MAILLE白ワインビネガー」を適量混ぜて完成。

 

●わかめスープ

沸騰したお湯に「きざみねぎ塩」とカットわかめを入れて、白ごまを浮かべただけの簡単スープ。

 

 

出来上がりはこんな感じです。

盛り付けはイマイチですが、味は意外とおいしかったですよ。

 

チャーハンは、にんにく風味が程よく、塩味もバッチリ。枝豆の食感も楽しい味わいでした。

そうそう。初めて出会う調味料って、いったいどれくらい加えれば味が決まるのか悩みませんか?

薄すぎて味がないのもイヤだけど、塩辛くて食べられないのも困ります。

失敗無く調味料の量を決める方法については、次回のブログでご紹介しますね♪

 

チキンは、まぶして焼くだけという手軽さが素晴らしい!

肉に振りかけた時は普通なのに、水を加えて揉むと、全体が黄色くなってきて

マスタードの香りが漂い始めるのも面白いです。

フライパンでしっかり焼くので辛みは飛んで、マスタードの香りだけを楽しめるから

小さなお子様でもおいしく召し上がれそうです。

 

ブロッコッリーは、バジルの風味がしっかりついて味わい深くなりました。

お好みでオリーブオイルを少しまぶしてもいいですね。

 

にんじんは、MAILLEのビネガーのキリっとした酸味がいいですね。

春には苦みや酸味を食べたくなるのでぴったりです。

 

スープは、きざみねぎ塩だけで味が決まる優れもの。

結構大きく刻まれたネギが入っていますので、スープの具材のような存在感もあります。

お好みでラー油を垂らしてもおいしいかも!

 

いかがでしょうか?

気付いたら、すべての料理の味は、エスビー食品の商品で決められていました。

特に今回はスパイスやハーブに塩や調味料などが混ざった、

「シーズニング」に分類されるにんにく岩塩などを利用したので、

バランスや組み合わせを考える必要もなくホントに手軽でしたよ。

 

自分自身のエスビー愛にびっくりしながらも、

きっとこの愛社精神を事務局の大庭さんが褒めてくれるんじゃないかと、

ワクワクしながら昼食をとりました。

 

みなさまも、ご自宅での時短料理にシーズニングを活用してみてくださいね。


スパイス&ハーブを使った「オリジナルどら焼き」作り!

落ち着かない日々が続き、自宅で過ごす時間も増えていると思いますが、お元気ですか?

本日はスパイス&ハーブマスター・遠藤オススメの「オリジナルどら焼き作り」について

ご紹介したいと思います。

今回は、中のあんを色々とアレンジしてみました。

 

 

どら焼きといえば「皮」の部分が難しそうだと思いますが、

今回は冷蔵庫でしばらく眠っていたホットケーキミックスを利用し、超手抜きで簡単♪

しハチミツで甘味を足して、適当な大きさに焼きました。

 

さぁ、次は一番大事なあんの部分です。

せっかくだから、バリエーションを楽しんでみましょう!

バリエーションといっても、つぶあん、こしあん、うぐいすあん・・・・じゃないですよ。

そこはやっぱり、「スパイス&ハーブ」を利用して、ちょっと冒険が必要ですよね♪

 

というわけで、私のおすすめベスト3をご紹介します!

 

1)マロンクリーム+甘納豆+きなこ

ヒントはこれ↓

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/06840.html

マロンティラミスを作った時に購入したマロンクリームに、甘納豆ときなこで和風テイスト。

これは、簡単でとってもおいしかったです!!和風なのでどらやきとしても違和感がないのがいいですね。

(ヒントのレシピで紹介されていたさつまいもは、面倒なのでカット・・・・。入れればもっとおいしかったかも?)

 

2)生クリーム+フレッシュミント+いちご

ヒントはこれ↓

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/06498.html

朝の散歩で近所にいちご狩り農園があることを発見し、いちご気分が盛り上がったので選んでみました。

ベランダのミントもそろそろ葉が出てきましたのでナイスタイミング。

どら焼きに挟むので、いちごはスライスして、生クリームはいつもよりちょっと固めにするのがおすすめですよ。

 

3)クリームチーズ+パクチー

ヒントはこれ↓

https://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail/06269.html

クラブのセミナーで何度かみなさまにご紹介したパクチークリームチーズ。

想像通り、変わりどらやきとしてもおいしかったです。

パクチーの茎をあまり細かくみじん切りにしすぎず、食感を残しておいたほうが良いみたいです。

クラッカーに乗せる時と違ってどら焼きは2枚の皮で挟むので、茎の食感があるほうが楽しめます。

 

他には、エスビーレシピに掲載されていないのですが、私のおすすめは「白あん+オールスパイス+桃缶」です。

以前、他の会社様とのコラボセミナーでご紹介したことがあるレシピなのですが、

市販の白あんに白桃缶をスライスしたものをのせ、オールスパイスのパウダーをふりかけるだけです。

オールスパイスは、ナツメッグ、シナモン、クローブ、こしょうの香りが混ざったような

複雑でやさしい香りのスパイスですので、あんこや桃缶との相性抜群!!

これは小豆餡ではなく、白あんがおすすめなので、ぜひ一度お試しください!!

 

いかがでしょうか?

既存のレシピを参考にする場合、「どら焼き」で検索をするよりも

「パン」「サンドイッチ」「カナッペ」といった広いキーワードで検索して出てきたものを

参考にしてみてはいかがでしょう?

意外なスパイス遣いのヒントが出てくるかもしれませんよ!!

 

 


<< | 2/15PAGES | >>

カテゴリー

スパイス&ハーブクラブについて

サイト内検索

mobile

qrcode